性欲が弱いと中折れ

      性欲が弱いと中折れになりやすい

性欲が弱いと中折れになります

性欲が弱いという性欲求の低下は、環境や食物及び環境ホルモンの影響で、全般的に現代の男性は性欲は弱くなってきて中折れをおこすのに大いに関係があるようです。
中折れの要因の一つには、精子製造に関することがあるようですし、その原因は男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下にあると考えられています。

食生活や環境の変化で、残念ながら現代人の精子は減っているという研究結果が世界中で報告されています。
成人男性の精子数はおよそ50年前とくらべて半減しているといわれていますし、WHO(世界保健機関)の発表では、精子の運動率も20年前とくらべて80%から50%にまで落ちたという報告があります。
中折れで悩む男性の増加要因の一つには、精子製造に関することがあるようですし、その原因は内分泌攪乱作用物質の摂取による男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下による中折れと考えられています。

中折れとは、勃起不全ともいい勃起はするのですが、挿入している途中に柔らかくなってしまうことです。
これは男性ホルモンの分泌が低下したために、勃起を促す中枢神経の働きが弱まり、性欲も低下しペニスに流れてくる血液の量が少なくなってしまうことから起きる症状が中折れで、この中折れは40歳を過ぎた中年に多く見られます。

また、これと全く正反対に、性欲も低下は固くならないのに射精してしまうという、勃起不全になります。
この性欲も低下の症状は、最近、特に若い人の間で急激に増えており、例えマスターベーションのときでも、ペニスが固くならないうちに、射精してしまいます。

このように、中折れは性交の途中何らかの原因で、男性性器が萎えてしまい、充分な勃起持続ができない症状のことを言いますが、40~70歳の男性のうち過半数がこのような勃起力の低下や中折れを経験しているとのことです。
しかし、近年では、年齢にかかわり無く、勃起不全や中折れで悩む人は増え続けているようです。

中折れは、交感神経と副交感神経が深く関係

末梢神経には、交感神経系と副交感神経系のものがあり、ペニスの萎縮は交感神経系のシグナルによって、勃起は副交感神経系のシグナルによって引き起こされます。

平静時には、交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が関門へ伝達され、両方のシグナルが互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。
ストレス、恐怖、緊張などを感じたとき、交感神経系のシグナルが副交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、ペニスは萎縮した状態になります。
睾丸から分泌された精液がある程度たまると、大脳にこれを体外放出(射精)したいという欲求が生じ、性的刺激に敏感になります。
ペニスが刺激を受けた時、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入します。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じ、血液の環流を不可能になり、陰茎海綿体に血液が充満しペニスが硬く大きく屹立します。これが勃起です。

ぺニスが刺激を受けた時、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入した状態になりますが、それを維持できないのが中折れです。
通常、ペニスの根元の括約筋が閉じ、血液の環流を不可能になり、陰茎海綿体に血液が充満しペニスが硬く大きく屹立しますが、視床下部への刺激物質であるテストステロンが減少すると、交感神経系と副交感神経系の働きに変調をきたし、血液の環流を起こし中折れとなります。

男性は、通常30代から、主には40~50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の量が減少してくるととともに、性欲や興味薄くなり、性欲も低下して勃起機能も落ち、中折れ症状もでてきます。
性欲減退という中折れの状態で、これが進行すると勃起不全・勃起障害につながります。

精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。
まず、ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になります。
この視床下部への刺激物質がテストステロンでありテストステロン濃度の増量は性的衝動には必要不可欠です。
テストステロンの一番重要な働きは、男性の性欲と性機能を高めることで、中折れの心配もなくなります。
加齢などにより体内のテストステロンの濃度が減少すると、性機能が衰えるばかりでなく、中折れや勃起不全の原因になります。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そして中折れ・インポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害の緩和した・中折れをしなくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。

 
■精力と勃起強化為の効果をお試用で体感してください!



 
中年男性の性欲 
性欲が弱い インポ 
性欲が弱い 中折れ
中年男性のセックスレス
中折れ克服体験
性欲とストレス
性欲とテストステロン
糖尿病と勃起不全
膣内射精ができない
中年の早漏
精力剤は妻が薦めた方が
膣内不感症
男性更年期と性欲減退
     
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク