男性更年期障害と運動不足について

男性更年期障害と運動不足との関係

男性更年期障害(LOH症候群)の原因は男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減ることにより、自律神経系の働きが乱れてくることです。
老年期に近づくにつれ、男性ホルモン(テストステロン)の濃度は減少するのですが、いくつかの要因が、男性更年期障害(LOH症候群)の症状を重くしています。

男性更年期障害(LOH症候群)の症状を重くしている原因のひとつとして運動不足があるようです。

運動は、ホルモンバランスを整え、
自律神経系にも良い作用


男性更年期障害(LOH症候群)は男性ホルモン(テストステロン)をはじめとしたホルモンバランスの乱れにより自律神経系に異常をきたすことにより起こると考えられています。
運動は、ホルモンバランスを整え、自律神経系にも良い作用をすると考えられています。
そのため、男性ホルモン(テストステロン)が減少してきたときに、運動不足の状態であると、男性ホルモン(テストステロン)のバランスを整えよう、という体の働きが弱くなってしまい、結果として男性更年期障害の症状が強く出てしまうことになるのです。

なお、運動不足の人だけでなく、今まで激しい運動をしていたのに突然運動をやめた人も、男性更年期障害の症状が出やすい、と言われています。
やはり、急激な環境変化は、体に良くない、ということのようです。

運動不足では、体内に脂肪が蓄積される可能性が高く、それにより男性ホルモンの働きが低下します。
肥満防止のための全身運動は、心肺機能だけではなく男性ホルモンの活性を維持する働きもあります。
現在、男性更年期障害(LOH症候群)はスポーツを急にやめた人に、多く起きると言われています。





男性更年期対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!



 
男性更年期詳報
男性更年期 とは 
男性更年期障害の症状
更年期障害の男性のタイプ 
ストレスと男性更年期障害
男性の更年期障害「うつ病」
男性更年期と前立腺の疾患 
男性更年期と性欲減退
男性更年期障害と運動不足
男性更年期障害
男性LOH症候群
男性更年期の特徴
性欲が弱い 中折れ
 
     
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク