男性更年期障害と「うつ病」

男性更年期障害(LOH症候群)とうつ病

筋肉質の男性も中年になると、急にお腹が出てきたり、筋肉が細くなってきますが、このような変化大きい人ほど男性更年期障害(LOH症候群)中でもうつ病に気をつけたいものです。
これらの重要な要因の一つが、男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下によるものです。

テストステロンの分泌低下により自律神経にも影響をきたし、「うつ病」(感情障害)が出現し、気分が落ち込む、眠れない(不眠)、なんとなく不安、集中力がなくなる、等あらゆる症状が起こってきます。
そして、真面目な人ほど過去の自分と今の自分を比較してしまい、「なまけもの」になったと自分を責めるうつ病のようになります。

しかし他人は気づかれないように努力しますが、もともと集中力・忍耐力の低下している状態なのでいつかは限界が訪れるでしょう。
そして他人からの「なまけもの」というイメージに耐えられなくなり、人との交流を極力避けるようになる。ついには不眠症の症状も現れ、本来は夜休めるべき脳が夜中も活動してしまうと、昼間眠気に襲われ、夜になると目が覚めてしまう「昼夜逆転」の生活になってしまいます。
当然仕事も手に付かず、体力・気力が失せた「なまけもの」の自分に悩み続け、うつ病状態が長く続くのです。

自律神経の影響による「うつ病」の症状

◆一日中落ち込んだ気分になる うつ病
◆食欲がない
◆イライラすることが多くなるうつ病
◆昼間眠気に襲われ、夜になると目が覚める
◆やる気が湧かないうつ病
◆疲れやすいうつ病
◆何事にも興味がなくなる
◆希望が湧かない

不安感や気分の落ち込み

男性更年期障害(LOH症候群)の症状であるうつ症状が起きてしまうと、不安感や気分の落ち込みから「何かをやりたい」と心の中では思っていても、体が動かないという状況になります。
男性更年期障害(LOH症候群)であるうつ病を発症しやすい40代から50代にかけては、社会的地位や家庭環境からのストレスも多くなりがちです。

そのうえに、「やる意志はあるのに、できない」という状況は、それ自体が非常にストレスになります。
やる意志はあるだけに、「自分はなまけものではないのか?」、「ダメな人間ではないのか?」といった疑問を自分自身に投げかけてうつ病になてまいます。
また、他人が今の自分を見ると、どう感じるだろうか?といった他人の視線が気になると、さらに自分自身を追いつめてうつ病が進行していく結果となるのです。





男性更年期対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!



 
男性更年期詳報
 男性更年期 とは 
男性更年期障害の症状
更年期障害の男性のタイプ 
ストレスと男性更年期障害
男性更年期障害とうつ病
男性更年期と前立腺の疾患 
男性更年期と性欲減退
男性更年期障害と運動不足
男性更年期障害
男性LOH症候群
男性更年期の特徴
性欲が弱い 中折れ
     
 
 トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク