ストレスは更年期障害の原因

ストレスと男性更年期障害(LOH症候群)

男性の更年期障害(LOH症候群)の原因は男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減り、自律神経が変調をきたすことにあります。

通常は、加齢に伴い男性ホルモン(テストステロン)の分泌量は自然に減っていくものなのですが、いくつかの要因が、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量の減少を加速し、男性更年期障害(LOH症候群)の症状を重くしていることが明らかになっています。

テストステロンの分泌量の減少を加速させ、男性更年期障害(LOH症候群)の症状を重くしている原因のひとつがストレスです。

ストレスに対応するための防衛反応

ストレスがかかると体内では、ストレスに対応するための防衛反応を起こします。
具体的にはアドレナリンやコルチコイド等のホルモンを体内に分泌し、発汗・興奮状態(端的にいうと戦闘態勢)にします。

同時に、体力を保持する働きがある、男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロゲン)も分泌されて、ストレスに対抗しようとするのです。
たいていのストレスには、これで打ち勝つことができ、体は通常の状態に戻ることになりますが、ストレスが強く、これらの対策をとってもストレスに打ち勝つことができないと、うつ病や、自律神経失調症に近い症状(LOH症候群)が出てくるのです。
男性更年期障害(LOH症候群)の原因は自律神経の乱れによる部分が大きいため、ストレスが強いと、男性更年期障害(LOH症候群)を悪化させる原因となるのです。

不安や悩み、心配ごと、仕事、プレッシャーなど、人間の体にはストレスや不快を抑制しようとする「防衛機制」があります。これは、心の安定を保つための働きで、「心の安全装置」とも言えます
これがうまく働いていれば問題ありませんが、それが「許容範囲」を超えたとき、体にシグナルとして表れます。
それが体調の変化であり、自律神経系に乱れが生じ、血液循環を悪化させて、(男性更年期障害・LOH症候群)病気となって現れるのです。

神経の緊張状態である自律神経失調症

男性更年期障害・LOH症候群は自律神経失調症であり、心臓のどきどき、微熱、多汗、頭痛、めまい、疲れ、手足の冷え・しびれ、耳鳴りなど、これは体の異常ではなく「神経の緊張状態」ですから、病院でいくら検査しても「異常は見られません」と言われてしまいます。

男性更年期障害・LOH症候群を起こす原因の多くは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下と、精神的ストレス、人間関係のストレス、イライラ、さまざまな閉塞感などで、常に緊張感がとれず、リラックスできないのが起因して、ホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、他方の副交感神経の働きが抑えられてしまうことです。


東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。
精力がもどった・男性更年期障害の緩和した・ストレスが溜まらなくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXは、マレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。


男性更年期対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!



 
男性更年期詳報
 男性更年期 とは 
男性更年期障害の症状
更年期障害の男性のタイプ 
男性更年期障害とストレス
男性の更年期障害「うつ病」
男性更年期と前立腺の疾患 
男性更年期と性欲減退
男性更年期障害と運動不足
男性更年期障害
男性LOH症候群
男性更年期の特徴
性欲が弱い 中折れ
     
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク