更年期障害(LOH症候群)のタイプ

        男性更年期障害で悩む3つのタイプ


男性更年期障害で悩みやすい男性のタイプ

男性更年期障害(LOH症候群)の原因は、男性ホルモン(テストステロン)などのホルモンのバランスが崩れることです。
男性の場合、性成熟期(青年期)には、男性ホルモン(テストステロン)が体内に大量に分泌されています。
それにより、肉体的には男らしいがっしりとした体になり性欲も出てきます。
また、精神的には、アグレッシブな行動をとるようになります。

ところが、老年期に向かうと、男性ホルモン(テストステロン)は、分泌が減り自然と減少していきます。

男性ホルモンは、自律神経系に作用して体の
バランスを調整


男性ホルモン(テストステロン)は、自律神経系に作用して体のバランスを調整する役割を果たしています。
男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が急激に減少してしまうと、体がついていけず、様々な問題が生じてしまいます。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が急激に減少した結果、生じる症状の総称を男性更年期障害(LOH症候群)というのです。

男性ホルモン(テストステロン)の減少自体は、男性ならば誰にでも起きます。
ただ、その減少の程度や体の反応の仕方により、男性更年期障害(LOH症候群)の症状が激しくでるか、ゆるやかにでるかが決まってくるのです。

男性更年期障害(LOH症候群)はこのような男性に起こりやすいと言われています。


男性更年期障害を起こしやすい3タイプ

第1に性格が几帳面でまじめ、責任感が強い人。

このような人は知らず知らずのうちにストレスを自分の中にため込みやすく、結果的に男性更年期障害(LOH症候群)を悪化させてしまうことが多いのです。
また、男性更年期障害(LOH症候群)になると、何かをやりたいと思っても、どうしても実際に行動に移せない、ということがあります。
このような男性更年期障害(LOH症候群)の症状が出た場合に、几帳面、まじめ、責任感が強いといった性格の持ち主は、その症状自体がストレスとなり、ますます。
男性更年期障害(LOH症候群)の症状を悪化させていく、という悪循環に陥ることもあります。

第2に、男性的や男らしい人。

このような人は男性ホルモン(テストステロン)が青年期には大量に放出されていた状態であったはずです。それだけに、更年期に入り、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減ってしまうと、その落差が大きく激しい男性更年期障害(LOH症候群)の症状が出てしまうのです。

第3に、運動不足の人や、ずっと激しい運動をしていたのに運動をやめてしまった人。

このような人も、男性更年期障害の症状が出やすいようです。




男性更年期対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!

 
男性更年期詳報
男性更年期 とは 
男性更年期障害の症状
更年期障害の男性のタイプ 
ストレスと男性更年期障害
男性の更年期障害「うつ病」
男性更年期と前立腺の疾患 
男性更年期と性欲減退
男性更年期障害と運動不足
男性更年期障害
男性LOH症候群
男性更年期の特徴
性欲が弱い 中折れ
     
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク