男性も更年期を意識しよう


 男性更年期 とは、どのようなことでしょう

男性更年期は、加齢とともに、テストステロンという男性ホルモンの分泌が少なくなる期間のことで、ちょうど青年期から老齢期に移り変わる間の状態のことをいいます。

男性更年期とは、一定の年齢を指すのではなく男性ホルモンの分泌が少なくなる時期のことで、そのタイミングは個人差が大きく30代から更年期の症状がでる人もいれば、50代くらいではじめて更年期の症状が出る人もいます。
年齢だけで男性更年期とか男性更年期でない、とかの判断はできませんので注意が必要です。

 男性ホルモンの分泌低下を起こす要因

1.年をとることによる男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下
2.ストレスや蓄積疲労による男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下
3.運動不足や筋力低下による男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下

このうち、一番大きな男性更年期の要因が、
1番目の「加齢による男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下です。


 男性ホルモン(テストステロン)減少は

男性ホルモン(テストステロン)は、若いうちは体内で多量に生成分泌されますが、年を取るに従い生成されなくなり分泌量が減少していきます。

男性ホルモン(テストステロン)は、男性を男性たらしめている原因となるホルモンで、このホルモンは体の調子をコントロールする重要な働きをもっています。
ところが、男性ホルモン(テストステロン)が急激に減少した場合、体のバランスが大きく崩れてしまい、結果として、男性更年期特有の色々な障害が発生してしまうのです。
男性ホルモンの分泌量には、ストレスや運動といった要因もかかわってくることが知られており、過剰なストレスがかかっている人、運動不足な人の場合には、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減少しがちであることが知られています。
そのため、過剰なストレスがかかったり、運動不足の男性の場合には、男性更年期障害が生じる割合が高くなってしまうのです。


東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。
精力がもどった・男性更年期障害の緩和した・テストステロン値が上がった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXは、マレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。

天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。
体験談のブログこちらから確認できます

■男性更年期対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!



 
男性更年期詳報
男性更年期 とは 
男性更年期障害の症状
更年期障害の男性のタイプ 
ストレスと男性更年期障害
男性の更年期障害「うつ病」
男性更年期と前立腺の疾患 
男性更年期と性欲減退
男性更年期障害と運動不足
男性更年期障害
男性LOH症候群
男性更年期の特徴
性欲が弱い 中折れ
 


























   
 
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽トンカットアリ
お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ
お役立ち相互リンク