健康お役立ち情報

女性ホルモン

女性の体は、心も、お肌も、すべて女性ホルモンによってコントロールされています生理不順、生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調、イライラ、不安、不眠、物忘れなどの心の不快症状、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどのお肌のトラブルこれらはすべて女性ホルモンの影響です。

 

女性更年期

女性は、更年期(40歳前後を境に)体のホルモン環境は変化し、システムに狂いが生じ血行不良、生活環境の変化、ストレスなどが重なり、体調不良が発生します。

 

●生理

卵子が受精しなかった場合、いらなくなった内膜はこわされ、溶けて血液といっしょにはがれて体外に排出され生理となります。

 

●男性更年期

男性の加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因の色々な症状について説明しています。

 

●男性ホルモン

男性は、通常30代から、主には40~50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の量が減少してくるととともに、性欲や興味薄くなり、性欲も低下して勃起機能も落ち、中折れ症状もでてきます。

 

●精力増強

男性は、異性に興味失い、使わなければ、精力減退してしまう。
どんなに優れたものでも、その目的にしたがって使っていかなければ、機能不全あるは機能停止に追い込まれてしまうのです。 性に関する精力減退のことも例外ではありません。

 

●精力減退からの脱出談

私が30代までは感じなかった勃起力の減退を実感するようになり、焦りを感じたため勃起対策として精力剤やサプリメント等について調べ、試してみた体験談です。

 

●リウマチ

世界的にみても発生には差が無く、日本における頻度は約0.6%と言われているリウマチについて原因や症状そして生活の留意点を説明しています。

 

●関節の痛み

中高年に多い関節痛には、病気が隠れている可能性もあり、動かした時にでる痛みとじっとしても出る痛みなど、それぞれの症状による病名や原因と改善について説明しています。

 

●膝痛

体重の増加や怪我などにより関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み動きも悪くなる各症状について原因や改善点を説明しています。

 

●腰痛

日本中の成人の90%が、なんらかな機会に経験しているといわれている国民病のひとつといえる腰痛の症状別の原因と改善について説明しています。

 

●生理

生理があることは、受精し妊娠する準備ができている状態ということです

 

●妊娠

無事妊娠する為には、いくつもの難関を超えていかなければなりません。

 

●免疫力

免疫とは、身体の中に働く防御システムのことです。

 

健康応援ブログ

健康生活を応援するお悩みの症状や生活改善に関するブログ

 

インタビユー(B-pius)

仁科仁美さん来社によるインタビユー記事