頚椎症

体を支える動きのある柱構造(脊柱)のうち、頭蓋骨を支える首の部分の7つの背骨を頚椎(ケイツイ)と呼びます。

上を向いたり首を動かしたりしたときに痛みが出る頚椎症は、首の骨である頚椎や、骨の間にある軟骨である椎間板が年をとり変形し、骨棘という骨軟骨組織が増えて、首が痛くなってしまう病気です。
この状態で、上肢のしびれ、痛み、知覚麻痺、運動障害が生じた場合を頚髄症となります。
私たちの頚椎は7個のクッションがありますが、30代から徐々に傷んでくるようです。

一番上の頚椎(第1頚椎)は頭蓋骨の球状の底を受けるドーナッツ型(円座型・土瓶敷き型)をしており、環椎とも呼びます。
第2頚椎は第1頚椎の環の内側に支えを伸ばした構造です。
支えの軸から軸椎と呼びます。第1頚椎と第2頚椎が首を左右に回す動きを担当します。
第3~第7頚椎は標準の背骨の形です。第1~第7頚椎全体で前後や左右に曲げる動きを分担します

頚椎では背中(胸椎)や腰(腰椎)と異なる構造があります。
首の太い動脈(頚動脈)は脳への大事な血行ですが、脳に直結する動脈経路がもう一組あり、頚椎の骨のトンネルを通過しています。
頚椎の異常でこの椎骨動脈の血行が障害されると脳の症状がでる場合があります。

頚椎の中を脊髄が通りますが、脊髄は頚椎1つごとに枝分かれして頚神経となり、椎間孔を通って外にでると腕神経叢とよぶ中継所で行き先別に再編成されます。
頚神経は頭蓋骨と第1頚椎の間の第1神経根から、第7頚椎の下側から出る第8頚神経根まで8本です。
このうち上方の神経根は後頭部や頚部を担当し、中ほどでは肩甲骨や肩付近を、下方では橈骨神経・正中神経・尺骨神経など手を担当します。
頚椎の椎間板は腰椎に比べて小さく中身の弾力成分も量がわずかです。
このため頚椎での椎間板の病気は腰椎での病状と異なってきます。
頚椎で脊髄の通る部分はスペースとしてそれほど余裕がありません。
脊髄は脳から続く神経回路の塊ですから圧迫に対して弱く、障害されると機能の回復が困難な面をもっています。

頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。
頸椎は7個の椎骨(ついこつ)から構成されていて、椎骨同士は椎間板と椎間関節で連結されています。
椎間板は年齢とともに水分の保持能力が低下し、内圧が減少して支持性が低下します。
それに伴い、上下の椎体の辺縁に骨棘(こっきょく)と呼ばれる骨突出部ができたり、椎間関節が磨り減ったりする一連の加齢変化が生じます。

その結果、おのおのの椎骨や頸椎全体の形状が変化するため変形性頚椎症と呼ばれます。
変形により脊髄(せきずい)が圧迫されると頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)、神経根が圧迫されると頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)と呼ばれ区別されます。

頚髄症は3種類に分類できます。

変形性頚椎症
首が痛い、肩がこるなどの症状で病院に行くと、首(頚椎)のレントゲンを撮って、「骨と骨の間が狭くなっています。
これは年齢的なものです」と説明を受けた方は多いと思います。このように、椎間が狭くなるとか、骨棘(こつきょく)といって骨がとげの様に出っ張るなどの変化は30代頃から誰にでも少しずつ起きてくるものです。
首が痛いなどの局所症状だけで、手足のしびれなどの神経症状を伴わない時は「変形性頚椎症」と言われます。
改善には、鎮痛剤の内服や外用などの薬物療法と、特殊な機械を使って頚椎を引っぱるけん引、さらに温めたり、電気刺激などを加える理学療法などが行われます。
ご 自分で出来る方法としては、痛みの出る姿勢を避けることが必要です。
時々、仕事の手を休めて首や肩の体操をして筋肉をほぐしておくことも大切です。

頚椎症性神経根症
変形性頚椎症に加えて、頚椎から腕につながる神経根が圧迫されるために、腕にしびれや痛みが出る場合は頚椎症性神経根症です。
上を向く動作で腕に痛みが出ることが多いので、痛みの出る動作には注意して下さい。
このように日常生活のちょっとした注意や薬の服用などで、多くの場合手術をしなくても回復します。
また、ゴルフなどのスポーツで痛みが出る人は運動をしばらく休むことも必要です。

頚椎症性脊髄症
肩こりや首の痛みに加えて、両手や両足にしびれが出る場合があります。
さらに、箸が使いづらい、ボタンがかけにくい、字がうまく書けないなど手指の運動障害や、足元がふらつく、何かにつかまらないと歩けないなどの歩行障害がある場合は「頚椎症性脊髄症」と言われます。
頚椎のMRIでは脊髄の圧迫が見られます。この疾患は加齢とともに少しずつ進行する傾向があり、手指の運動障害や歩行障害が長く続く場合や、症状が進行する時は手術が勧められます。
また転倒した時に急に悪化して手足が麻痺することがあるので注意が必要です。