石灰化症(偽痛風)

関節の軟骨石灰化症は、偽痛風とも呼ばれ、多発性の関節痛を起こし、痛風とよく似た痛みを発生させます。

高齢者では、特に風邪などの切掛けもなく、急にあちこちの関節が痛み出すことを比較的よく経験します。
血液検査でも関節リウマチや痛風の反応は異常がなく、医師が診断に苦しむことがあります。

軟骨石灰化症は、関節液中にピロリン酸カルシウム(CPPD)の結晶が沈殿することによって起こります。
よく似た痛風は、血中の尿酸が増加して高尿酸血症となり、関節液内に尿酸ナトリウムの結晶が生じることによって起こります。
ピロリン酸カルシウムの結晶ができる原因としては、軟骨変性が重要です。
軟骨内の結晶は関節破壊により関節腔(くう)内へ脱落し、関節腔内では白血球、単球などがこの結晶をきれいに掃除しようとします。
その時に、細胞からはさまざまな化学物質が放出されて、炎症はいよいよ強くなります。
痛風発作でも同様に、白血球などが尿酸の結晶を掃除しようとして炎症が起こります。

軟骨石灰化症の発症年齢は、痛風に比べて60~80歳の高齢者での発症が多いと見なされています。
痛みの起こりやすい部位は膝(ひざ)の関節が最も多く、次いで手、足、股、肘(ひじ)の関節など比較的大きな関節で、男女差はありません。
痛風が男性に圧倒的に多くみられ、痛みの部位も足首や足の親指の付け根に起こりやすいのと対照的です。

石灰化症の発作は数日、ないしそれ以上持続し、1カ所から数箇所の関節炎が特徴です。
痛風発作のように突然出現して自然に軽快しますが、痛風より痛みは軽度ですが、急性発作時には、関節腫脹(しゅちょう)、局所発熱、痛みがあり、関節の動きが悪くなります。
腕や足の関節に慢性の痛みやこわばりが長引くこともあり、関節リウマチと混同されることもあります。

病院による診断では、膝関節痛などに多発性関節炎の所見がみられ、X線検査で軟骨石灰化症の存在が認められ、関節腔内に針を刺し関節液を吸引してその結晶を調べることにより、石灰化症と判断されます。
石灰化症では、血液中の尿酸値は基準範囲内ですが、痛風でも発作時の尿酸値は正常のことが多くあります。

石灰化症には膝関節痛などに多発性関節炎がみられますが、他にも多発性関節炎は慢性関節リウマチ、リウマチ性筋痛症、膠原(こうげん)病、乾癬(かんせん)性関節炎、サルコイド関節炎、悪性腫瘍(しゅよう)に伴う関節炎、再発性多発軟骨炎、感染症に伴う関節炎、変形性関節症などいろいろな疾患で起こり、診断が困難なことも多くあります。

石灰化症の治療法はほとんどが対症療法で、完治につながるような決定的な治療法はありません。
炎症をコントロールすることで痛みを抑えるために、ステロイド剤や非ステロイド系抗炎症剤などが用いられます。
治療により急性発作を止めて、次の発作を予防することが可能ですが、関節へのダメージを防ぐことはできません。
発作のない時には、通常の変形性関節症のような病像をとりますが、多くの発症者では膝の変形と慢性的な運動痛、動作の開始時の痛みで特徴とされる変形性関節症に移行します。