植物由来カプセルの内容

プラントキャプスを採用  

安全と安心を最優先に考え、原材料が天然の植物キャッツサバの根茎を使用している植物由来カプセル(プラントキャプス)を採用いたしております。

カプスゲル・ジャパン株式会社のタピオカを原料とした植物由来カプセルであるプラントキャプスは安全、安心の最新の植物由来カプセルです。

お客様のご意見では、飲みやすさはカプセルが一番とのことですが、狂牛病の問題が発生し、ゼラチン(牛骨製)カプセルへの不安が広がった上、海外のゼラチンカプセルには日本で食品への使用が禁止されているラウリル硫酸ナトリュウムが含まれています。

そこで弊社は、原材料が天然の植物キャッツサバの根茎からつくるタピオカを使用している植物由来のプラントキャプスを採用いたしております。
タピオカが原料のプラントキャプスは、ヘルシー性と安定性そして機能性を備えた、安全、安心の最新の植物由来カプセルです。

また、錠剤、ソフトカプセルは使用いたしておりません。
錠剤、ソフトカプセルには多くの化合物が入ります。例えば、錠剤を固めるための増粘剤、粘性を持たせるために保湿力が必要なので、防カビ剤、型から抜けやすいようにするための離型剤、表面に輝きを持たせるための光沢剤などが混合されている場合があります。

それらの化合物が自然由来のものであればいいのですが、海外から輸入されるものの場合、厚生労働省で許可されていない危険な化学物質が使用されていることが多いようです。