関節の痛み

関節痛とは私達の体を動かす要「関節」におこる痛み。

たとえば、熱があるとき、からだの節々が痛む。風邪を引いた時に現われる関節の痛みを関節痛といいます。
骨と骨のつなぎ目である関節。この関節は「関節包」という袋に覆われています。
この関節包は「滑膜」と言う膜で出来ていてここから「滑液」という関節を滑らかに動かすための潤滑油出ています。この「滑膜」と「滑液」の働きによって関節はスムーズに動くことができるのです。
また、日常生活で関節痛を感じている人になると、腰は約90%、ひざは約80%となり、日本人のほとんどが関節痛の痛みを感じていることになります。

関節痛は2種類あります。

中高年に多い関節痛には、病気が隠れている可能性があります。動かした時にでる痛みとじっとしていても出る痛み。関節の痛み方は、大きく分けて2種類あります。

関節は、スムーズに動くために構造上、様々な工夫がなされています。その一つが骨と骨の間にある関節軟骨です。関節を動かした時の痛みの原因はここにあるのです。関節軟骨には血管や神経は通っていません。体の組織を形作る栄養は血管を通して送られますから、関節軟骨は修復や再生がほとんどされないとても弱い器官だということがいえます。そのため関節軟骨には老化の影響が大きく出ます。

年をとるにつれて関節軟骨は大きく変化していくのです。長年に渡って関節が使われ、骨がぶつかり合うことで軟骨がすりへっていく、いわばガタが来てしまうのです。

関節痛の症状と関節痛の原因

関節の痛み 原  因 病  名
関節を動かした時に痛みがでる 老化や肥満による関節軟骨の傷や磨り減り 変形性膝関節症など
じっとしていても関節に痛みが出る 関節を包む骨膜の炎症、軟骨や骨の破壊 関節リウマチなど

関節痛の種類

痛みの種類 症   状 対   策
寒冷痛 寒さのために肩や膝、腰が痛む。 患部を冷やさない。衣服の重ね着だけではなく、適度な運動をする。
自発痛 関節を動かさないでもおこる痛み。関節が熱っぽく腫れていることがある。
安静。適度の保温や寒冷は避ける。
圧迫痛 関節を押すと痛みを感じる。 安静が原則。湿布薬や消炎鎮痛剤を用いる。
阻血痛 血流が悪くなり、酸素が欠乏しておこる痛み。 温熱療法や、関節を動かし血液の循環をよくする。
運動痛 関節を動かすと出る痛み。 関節を曲げ・伸ばしする訓練。
荷重痛 関節の軟骨が減ってしまい、体重がかかると骨どうしがこすれ合って痛む。 運動によって筋肉を鍛えたり、装具を用いて痛みをやわらげる。
心因痛 具体的な、またはたいした原因がないのに生じる痛み。連想や暗示による痛み。 精神的なストレスを解消する。

関節痛になりやすいタイプは、O脚の方、肥満の方、高齢者(女性の多い)
O脚の方 日本人の半数以上が相当します。関節の内側に7割の負担が集中し、関節軟骨に大きく負担がかかり、磨耗・変形を起こしやすくなります。
肥満気味の方 体重の増加は膝の大きな負担がかかります。体重を1kg減らすだけで、動いた時などに片膝にかかる負担は3~5㎏減ると言われています。
高齢者(女性) 高齢者は関節を支える筋肉が弱いため、関節がぐらぐらしやすく変形に至りやすい。特に女性は男性に比べて関節の面積が小さいために、一定面積あたりの関節かかる荷重が大きいこと一因と言われています。

関節痛は日常の習慣や過度の運動によって筋肉や靭帯が炎症を起こすことが主な原因です。
放置しておくと、筋肉のバランスが徐々に失われ、そのうち関節が変形し、軟骨もすり減ってきて、痛みがひどくなってしまいます。
このすり減った軟骨を補充することも有効ですが、関節痛は何よりも患部の炎症をとり除くことが最優先です。
免疫を正常化して炎症と痛みを除くことで血流が回復するとともに日常の動作も戻り、さらに血行が促進これによってこわばった筋肉や靭帯、すり減った軟骨などの関節部位の新陳代謝につながるという根本的な解決に向けた好循環が生まれてきます。