「肝斑」かんぱんについて

肝斑、つまり、シミです

シミというと、ある程度の年齢を迎えた方特有の肌トラブルというイメージを持たれている気がしますが、しかし、肝斑は、女性ホルモンに関係しているようです。

まず、肝斑は、日本人に出来やすいと言われているシミです。
日本人にも色白さんがいたり色黒さんがいたりと肌の色がさまざまあるわけですが、特に、色黒さんに出来やすいと言われています。
また、30代から40代の女性にあらわれやすい、ともいわれています。

女性ホルモンには、黄体ホルモンというものがあります。
「プロゲステロン」という名前を持つこのホルモンは、妊娠に備えた準備を子宮にさせたり、月経周期を決めたり、妊娠した際には妊娠を維持する働きがあります。

更に、妊娠に関わる機能以外に、利尿作用や血糖値の正常化や体脂肪を減らす役割を担い、他ホルモンのバランスを調整する役目まで持っています。
妊娠中やピル服用中に肝斑が出現するのは、黄体ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。

黄体ホルモンは、他ホルモンの調整をする、いわゆる“バランサー”であるわけです。
閉経後は、その活動が低下してバランスを崩すこと自体がなくなるため、自然と肝斑が治るのですね。

ストレスもまた肝斑の原因と言われています。
シミのモトとなるのは、「メラニン」という色素で、そのメラニン色素を作るのは、表皮にある「メラノサイト」という細胞です。
メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて活動します。

紫外線は降り注ぐもの、ホルモンは分泌されるものです。
ストレスによって分泌されるホルモンがメラノサイトの活動に影響することがわかっています。つまり、活発に活動させてしまうのです。

活発に活動すれば、当然、メラニン色素が多く作られますから、シミが増えてしまいます。ストレスだけでなく、睡眠不足や不規則な生活もメラノサイトの活動を活発にしてしまうホルモンを分泌してしまうそうです。

なお、ホルモンが原因であるということは、カラダの内側が関係してきているということになります。

肝斑の特徴として、

*淡褐色のシミである。
*そばかすのような小さなものではなく、扇状に広がるなど、やや大きい。
*境界がぼやけている。ハッキリしていない。
*両頬や目の下側などに左右対称的に出現する。
*ただし、目の周りには出来ない。
*更年期に出現する。
*妊娠中に出現する。
*妊娠初期に出現した場合、後期に向かうと濃くなっていく場合がある。
*出産後に薄くなることもあれば、濃いままで治らないこともある。
*ピル服用中に出現する。
*閉経後に自然に治ることが多い。

そもそも、肝斑の原因は、女性ホルモンのバランスの崩れが大きな原因と考えられています。

その女性ホルモンのバランスを整えてあげると、血液の流れや循環を良くなり血液を滞らせないことでシミの改善に繋がるとされています。