女性ホルモン

女性の体は、心も、お肌も、すべて女性ホルモンによってコントロールされています。

生理不順、生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調、イライラ、不安、不眠、物忘れなどの心の不快症状、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどのお肌のトラブルこれらはすべて女性ホルモンの影響です。

女性のほとんどの不調は、女性ホルモンの働きを理解することで、かなり原因も対処法もわかってくることなのです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されています。
女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステン(黄体ホルモン)という2つのホルモンのことをいいます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠のホルモン。子宮の内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え、妊娠したのちも、妊娠を継続させる働きを持っています。また、体温を上げる働きがあります。

排卵から次の生理までは、プロゲステロンの分泌が盛んになっていき、体内の水分量を保つたり食欲を増進させる働きがある他、着床しやすい体内環境を整えるのもプロゲステロンです。
そして妊娠を継続させる役割もあり、健康な妊娠を維持することに必要不可欠なホルモンなのです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさのホルモンです。
思春期から分泌量が多くなります。

女性ホルモンのエストロゲンといえば、女性らしい体つきやお肌の調子だけでなく、妊娠するために子宮内膜を厚くしているのもエストロゲンの働きで、体調だけでなく、精神のコントロールや自律神経にまで影響を及ぼします。排卵前に分泌量のピークを迎えるエストロゲンはお肌の調子にもかかわってくる重要なホルモンです

女性らしいからだつきを作り、子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着床を助けたりします。また、卵を作るホルモンでもあり、自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも、エストロゲンが大きくかかわってきます。

エストロゲンが少なくなると・・

(皮膚)
エストロゲンは、皮膚に関わっている細胞をほとんど活性化します。
若い女性の皮膚がみずみずしいのは、皮膚の表面の組織に弾力成分であるコラーゲンが多く含まれているからです。

(脂質代謝)
エストロゲンは繊維芽細胞というコラーゲンを作っている細胞を活性化するので、エストロゲンが減る閉経の年齢になるとコラーゲンも減少し皮膚にしわやたるみが目立ってきます。

エストロゲンには血液中のコレステロール値を下げる働きがあります
そのため閉経を迎える年齢になると、急激に女性のコレステロール値が上がります。

(膣)
膣粘膜にあるデーデルライン菌が常に膣内を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防いでいます。
エストロゲンはこの菌の栄養源となるグリコーゲンの分泌を促しています。
さらに、このエストロゲンは膣粘膜細胞の増殖を促し、膣をみずみずしく保つ働きもしていますので、これが足りなくなる事により、更年期になると膣が乾燥する感じがするのです。

(体温)
エストロゲンは視床下部にある体温調節中枢に影響を与え、体温を下げる働きをします。
もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンは体温を上げる働きをしますので、女性には高温期と低温期が交互に訪れるわけですが、エストロゲンが不足すると体温が下がらないので、更年期には特有ののぼせ、ほてり、多汗のような体温上昇に伴う症状が感じられるのです。

(髪)
エストロゲンは幹細胞が分裂して毛を成長させるようにという指令を与え、コラーゲンを作って潤いのある抜けにくい髪の毛にしてくれます。
更年期の頭髪の抜け毛やパサパサ感は、エストロゲンの不足が原因です。

(骨)
エストロゲンは、骨の成長や骨量の維持・増進に重要な役割を果たしています。
骨芽細胞の増殖を促して骨の産生を高める他、カルシウムを骨に沈着させる働きをする活性型ビタミンDやカルシトニンの合成を促す作用もしています。
従って エストロゲンの分泌が減少する閉経期には、骨粗鬆症になり易くなるのです。

女性の体は、妊娠、出産に対応するように、周期的なリズムがあります。約28日を1サイクルとし、その中でホルモンの分泌によって卵胞が大きくなって排卵し、子宮が受精卵の生育のために準備をします。しかし、受精しなかった場合や受精しても妊娠しなかった場合は、子宮で準備したものが全部出血と共に体外に出てしまいます。これが月経です。

女性の体はホルモンの働きによって体温の変化が起こります。