女性ホルモンと美肌・肌荒れ

女性のお肌は、女性ホルモンの分泌が減少し始める20代後半から少しずつお肌の悩みがあらわれはじめ、30代を過ぎた頃から、毛穴の悩みをはじめとしたさまざまな肌老化が、目に見えてあらわれるようになります。

女性の肌については、女性ホルモンの分泌が大きくかかわっていますが、女性のお肌は、20代後半から少しずつお肌の悩みがあらわれはじめ、30代を過ぎた頃から、毛穴の悩みをはじめとしたさまざまな肌老化が、目に見えてあらわれるようになります。
では、そういった肌悩みが起こる原因は一体どこにあるのでしょうか?
女性の体の中には、女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも存在していますが、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスは、年齢によって大きく変化することがわかっています。

女性の場合、20歳くらいまでは男性ホルモンの働きが抑えられ、女性ホルモンが優位に立って活動している状態です。
しかし、30代後半あたりから女性ホルモンが減少していくことで、男性ホルモンの活動がそれまで以上に強くなります。

そうして、男性ホルモンの働きが優位になると皮脂分泌が過剰になり、毛穴詰まりやテカリ、毛穴たるみなどの毛穴悩みだけでなく、さまざまなが肌悩みがあらわれるようになってしまうのです。

美肌づくりと深く関わっている女性ホルモンですが、その女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンに分かれ、それぞれ異なった役割を担っています。
まず、卵胞ホルモンですが、このホルモンはエストロゲンとも呼ばれ、女性の月経直後から排卵が行われるまでの約2週間分泌されるホルモンです。
主な働きとしては肌や頭皮の皮脂分泌を抑えキメ細かい肌に整える作用、血液循環促進作用、皮下脂肪の発育を促し女性の体をふっくらとさせる作用などがあります。

次に、黄体ホルモンですが、このホルモンはプロゲステロンとも呼ばれ、卵胞ホルモンが卵子を排出した後に働き出すホルモンです。
主な働きとしては、妊娠を可能にする働き、肌や頭皮の皮脂の分泌量を増やす作用、体温を上昇させる作用などがあげられます。
よく、女性は生理後から排卵まではお肌の調子がよく、排卵から生理前まではにきびや吹出物、毛穴の開きなど、お肌のトラブルに悩まされる方が多いと聞きますが、これは女性ホルモンに関係があるからなのです。

年齢とともにあらわれる毛穴悩み対策として、やはり基本となるのは食生活です。
エストロゲンの分泌を促進するマカは最適ですし、アレルギーがなければ豆腐や味噌、大豆などをバランスよく補ってあげることを心がけましょう。
また、しなやかな血管と汚れのない美しい血液も美肌を保つためには重要です。
さらにストレスは血行不良を招く要因とも言われていますから、血行を促すためにはストレスを上手に解消しながら、十分な睡眠をとることもポイントです。

血行促進に効果がある方法としてはツボ押しがよく知られていますが、耳たぶの裏側にあるツボには女性ホルモンを分泌する作用があると言われています。他にも、首や顔にも美肌づくりに作用するツボなどがありますから、こういったツボを押してあげるのもいいでしょう。

肌荒れとホルモンの関係
肌荒れは、皮膚の脂肪の分泌を促している女性ホルモンが減少するため、角層が 乾燥してひび割れた状態になります。女性は25歳頃から、男性は50歳頃くらいから肌荒れが起きやすくなります。暖かい季節には、湿度も高いうえに汗もかくので、 肌の潤いが比較的保てますが、寒い季節には汗もかかず空気も乾燥するので、肌荒れ が起きやすくなります。
肌荒れを防ぐには、まずは皮膚の化学的・物理的刺激をできるだけ避ける事です。

例えば、入浴のときに手拭いで強く洗うのはよくありません。 石鹸も熱いお湯だけで皮膚の脂肪はかなり落ちてしまうので、毎回使うのもあまり良いとはいえないでしょう。後でクリームを塗ることのできる顔や手はよいとしても、 皮膚が荒れやすい人は、石鹸はたまに使う程度がよいでしょう。

次は、水、洗剤の使い過ぎを避けること。水仕事や洗剤で食器などを使うときは、必ず手袋をすることです。また手足をたびたび水につけないことも必要です。お風呂に入ったり、水仕事をした後は、必ずクリームを塗ってあげることが最善です。クリームの主成分は、水と乳化した油を混ぜたものですから、水分がすぐに吸収されて、肌になじみます。

肌荒れ、シミ、シワをなくし美肌づくりのポイントは、皮膚にいつも十分な栄養を行き渡らせることです。皮膚の細胞は、約4週間を周期に古い物から新しいものへと入れ替わります。
この新陳代謝が円滑であれば、肌荒れはなくなりいつもつややかで生き生きとした素肌を保てるのです。
栄養素から言いますと、良質なタンパク質が健康な皮膚をつくり、ビタミンB群が皮膚の新陳代謝を促し肌荒れを防ぎ、肌に弾力性をもたらせてくれます。抹消血管の血行を促し、肌の血色をよくするのはビタミンEです。