女性更年期

女性は、40歳が近づくころから女性ホルモンの分泌量が変化し、体内環境のシステムに狂いが生じ体調不良の生理不順や自律神経失調症のような、神経の働きの乱れが発生します。

それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくるのです。

 

いままで、視床下部→下垂体→卵巣の連携によって行われてシステムに狂いが生じ、血行不良、生活環境の変化、ストレスなどが重なり、発生するのが精神神経症状です。
具体的にいうと、不眠、憂うつ、不安、イライラ、あせりなどがよく起こりますが、そのほか、気力減退、恐怖感、判断力の低下、興奮しやすいなどといった症状が起こることもあります。

このような症状は一般的に更年期障害とよばれており、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進し、自律神経の変調を改善すること緩和出来ます。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)2種類があって、どちらも卵巣から勝手に分泌されているわけではありません。

ホルモン分泌の司令塔となっているのは、脳の視床下部というところです。視床下部は、血中に流れ込むあらゆるホルモンの量をつねにチェックして、少しでも分泌量に増減があると、これを瞬時にとらえて、ただちに正常な量にするように指令を出します。
指令を受けて実際に行動するのは、視床下部のすぐ下にある下垂体という器官です。

すると下垂体は、性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)を分泌します。
卵胞刺激ホルモンは、卵巣に働きかけて、卵胞を成熟させて、エストロゲンの分泌を促します。
一方の黄体かホルモンは、成熟した卵胞を刺激して排卵を促します。
また、排卵後の卵胞に黄体ホルモンをつくらせて、プロゲステロンの分泌を促す働きがあります。
このようにホルモン分泌は、視床下部→下垂体→卵巣の連携によって行われていますが、注目したいのは、この一連の流れの中には、フィードバッグ機能があるということです。

フィードバッグ機能とは、女性ホルモンが一定量分泌されると、脳がその情報を受けとって「ストップ!」の指令を出す機能のことで、まるで精密機械のようです。
思春期から性成熟期までのあいだは、このやりとりが正しく行われて、正常な月経周期が保たれることになります。

女性ホルモンのうち、女性のからだにもっとも深くかかわっているのがエストロゲンで、女性ホルモンといえば、エストロゲンをさすこともあります

更年期は、そのエストロゲンの減少してしまいます。

いままで、視床下部→下垂体→卵巣の連携によって行われてシステムに狂いが生じ、血行不良、生活環境の変化、ストレスなどが重なり、発生するのが精神神経症状です。

具体的にいうと、不眠、憂うつ、不安、イライラ、あせりなどがよく起こりますが、そのほか、気力減退、恐怖感、判断力の低下、興奮しやすいなどといった症状が起こることもあります。
また、頭痛、頭重もよくみられます。頭痛や頭重は後頭部に起こることが多いのですが、首や肩までのこりを伴うこともあります。