本文へスキップ


5分で、なぜ膝がいたくなるかその原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

膝が痛くなる原因

膝(ひざ)が痛胃原因は、長年に渡って関節が使われ、骨がぶつかり合うことで軟骨がすりへっていくこと、そして加年により関節を支える筋肉の力不足や骨が弱くなったり血液の流れが悪くなることで関節の動きが悪くなってしまうことです。

軟骨が磨り減っている場合

膝の軟骨は毎日、立ったり歩いたりすることで、負担がかかります。よって、加齢と共に長年負担をかけてきた軟骨が磨り減り、痛みが発生するのです。実際、50歳代の女性の約2分の1が“膝に痛み(膝関節痛予備軍)”を持っているといわれています。
膝の軟骨の磨り減る膝関節痛の原因は加齢だけではありません。肥満も大きな原因で、数kg の体重の増加でも膝に大きな負担になります。又、急な運動や登山やハイキングなども膝に大きな負担をかけることになり、軟骨のすり減り、痛みが発生して膝関節痛になります。

筋力が低下している場合

膝の関節や骨を支えているのが筋肉です。筋肉がシッカリしていれば、運動や体重による関節の負担を減らすことができます。
中高年になると、若い時の50~60%の筋力までに、低下してしまうといわれています。
よって、この筋力の低下が中高年の膝の関節負担を大きくして、痛みの素になります。食が細い方やダイエットによって筋肉の素であるアミノ酸が不足すると強い筋肉ができにくくなります。筋肉を強くするには適度の運動や筋肉を減らさない生活の工夫も膝関節痛の予防です。

血行不良となっている場合

軟骨は栄養(原料)を素にすり減った部分を再生したり、修復したりします。軟骨に必要な栄養分は、血液に乗って運ばれ、関節内にある関節液を通して補給されます。ところが、膝や足腰が冷えると血流が悪化して栄養成分が運ばれなくなり、修復が遅れ膝関節痛が発生します。
動脈硬化や血液がドロドロしていること、なども血液の流れが悪くなる原因となります。 

骨粗しょう症の場合

骨がスカスカになったり、もろくなったりすると骨折や腰痛の原因でもある骨粗しょう症の状態になります。骨が弱くなることは、それだけ体重を支えにくく、膝などの関節に負担がかかることになります。

骨は、アミノ酸から出来たコラーゲンの網目にカルシウムをうめた構造になっています。だから、骨を強く元気にするためには、カルシウムとアミノ酸が大切です。それに加えて、日光に当たり、適度な運動が骨を作る大切な刺激になります。

膝の関節に炎症が起きる膝痛には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら



 ■膝が痛い
 ■膝が痛くなる原因
 ■膝関節の仕組み
 ■
 ■関節痛
 ■