ヘバーデン結節

指の変形性関節であるヘバーデン結節は、指の第一関節の背側にできる骨の変形による膨らみのことをさし、この疾患を最初に報告したヘバーデン 博士の名から「ヘバーデン結節」と呼ばれています。

症状としては、手の指が曲がったり、関節の一部がコブのように腫れてしまうことがあります。

具体的には、人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れたり、曲がったりした症状が出てきます。
いずれの指の変形も、曲げ伸ばしの際に痛みが生じたり、動きの制限が出てきますが、関節リウマチと異なり、朝のこわばりはありません。
また、指の付け根や手首などの関節が破壊されてくることがないのも特徴です。

手術しても治らない不治の病といわれ、最近関心が高まっているへバーデン結節は、一般に40歳代の女性に比較的多く発生し、男性の10倍と言 われます。
発症年齢はだいたい45歳以上で、平均すると55~56歳。男性は発症の平均年齢が高くなる傾向のようです。

生活環境では、外傷性のもの以外、手を使っての重労働者や裁縫、農業など手仕事をよくしている人に多いと言われています。
レントゲンをとると骨の変形があり、関節の間が狭くなっていることから、加齢での骨の変形が原因とも言われます。
手を良く 使うと、へバーデン結節になりやすいのか、と言うと、決してそうでもないみたいです。

ただ、手をよく使う人で、体全体の姿勢が悪いと、へバーデン結節になりやすい、という人もいます。このため、姿勢の悪さか ら来る体の歪みが原因、と指摘する人もいるようですが、これもはっきりしません。しかし、老化と指の使いすぎはやはり大きく関わるみたいです。

また、ヘバーデン結節は中高年の女性に多く発症することから、ヘバーデン結節が発症する背景には、女 性独特のホルモンの変調や男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下なども考えられます。
さらに、ストレスが多く掛かる環境、またストレスを受けやすい体質も関係している ようです。

ヘバーデン結節の症状として、指の関節の痛み、腫れなどが生じるもので、左右対称に症状が出ると言われます。
リューマチと似たもので すが、リューマチとは違い、ガングリオン(水ぶくれのような嚢腫)を作ることもあります。

変形性関節症は、関節軟骨の 老化や磨耗によって起こる軟骨と骨の進行性の変性疾患ですが、手部の場合変形性手関節症、ブシャール結節、変形性母指CM 関節症などの疾患があり、ヘバーデン結節もその一つです。

関節の周囲にガングリオンを合併することもあります。病院で診てもらう と、レントゲン検査で関節裂隙の狭小化(関節軟骨が摩耗し、減る状態)や骨棘形成(骨のとげ)などの所見が認められます。 関節が溶けているのが見られることもあります。

へバーデン結節の症状は、人さし指から小指にかけ第1関節が赤く腫れたり、指が曲がったりするのが主な症状で、痛みを伴うこともあります。

水ぶくれのようになることもあります。
強く握ることが困難になり、動きも悪くなり、指先に力が入いらないため、容器のふたが開けられない。強く握ると指の第一関節が痛む。指の第一関節が腫れている。指の第一関節が変形 しているなどの症状が特徴です。

手の指の関節が赤く腫れあがり、痛みが続くと、まず関節リウマチを疑う人も多いですが、第一関節だけが腫れて痛むのであれ ば、ヘバーデン結節の可能性が高いことになります。

第1関節が痛むときは安静にすることがだいじですが、痛くても指を使わなくてはいけないときは、テーピングする とよいでしょう。
普段でも、指先に過度な負担がかかることを避けます。手指の使いすぎによる指の痛みの場合、原因となる 作業をしばらく止めて、指を休ませることが大切です。

指の関節の痛みの場合、・就寝前に、手首から指先まで指1本1本毎に、よくマッサージして血行を良くする。・指全部の関節を しっかり使って、握ったり、開いたり、グー ・ パー運動をよく行なう。・祈るように両手を組み、肘から手首までもよく回す 。
炎症抑制作用があるビタミンCを、サプリメントなどで積極的に摂る。こうしたことも心がけるようにしましょう。

ヘバーデン結節の治療は、静養と対症療法が中心となります。
患部を冷やしたり、軽くマッサージを行ったり、テーピングなど による対処で痛みを軽減させることはできます。疼痛がある場合、消炎鎮痛剤の投与が行われるのが一般的ですので、炎症を抑える作用があるキャッツクローも効果的です。

日常の生活では、指先だけでなく、体を冷やさないことに注意します 。
特に飲食による冷えと冷房での冷えには注意が要ります。
自分で行なう簡単なケアとしては、指全体をゆっくりと引っ張った り、戻したり、手首をストレッチすると良いでしょう。

ただし、それによって痛みを誘発するようでしたら、すぐにやめます。
心身ともに優しいケアを行なうことが大切ですが、それと同時にホルモンの不調和、自律神経のバランスを整えることが回復を 早めることになります。

ヘバーデン結節の場合、病院での治療以外にも、普段の生活での自己ケアが大切です。
食事も、栄養のバランスが良い食事を心 がけなければいけません。