本文へスキップ


5分で、男性更年期障害の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


    
                     

■男性更年期障害

女性特有の病気と思われている更年期の障害は、男性でも中高年以降になり男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が低下して、イライラ、集中力の低下、不安感、頻尿、性欲減退、生殖機能障害などの症状が出てきます。

中高年男性の更年期特有の障害症状として、体調不良、イライラ、不眠、性欲減退などのあある場合は、更年期障害を疑うことが必要です。男性も50代前後で精神と身体に変化がでてきますが、症状をそのままにしておくと身体機能の低下やうつ病などを誘発してしまうので早期発見、早期治療が重要です。

男性更年期は、別名加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)とも言い、年齢とともに男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減少することで、いろいろな症状が起きます。現在潜在的な更年期障害の男性は約600万人で、中には30代で発症する場合もあると報告されています。

更年期障害は、うつ病と誤解されやすく特に男性更年期は認知度の低さから、更年期の症状に苦しんでいても正確な診断がしてもらえないこともおおいようです。

一般的には、男性の男性ホルモンの分泌量の低下は30歳頃よりスタートして、60歳では40歳時の25%も低下してしまいますが、これには個人差がある他、身体的変化も女性のようには見られません

男性更年期障害は男性ホルモン(テストステロン)の減少が引き金になっていると考えられます。

更年期では女性は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することで特有の症状が出ますが、更年期の男性には、女性と比べ急激にホルモン分泌量は減少せず、その分泌量の減少には個人差がかなりあります。

テストステロンの基準値の目安として(総テストステロン:4.53 ng/ml、フリーテストステロン:FT:15.7 pg/ml)、と聖マリアンナ医大の岩本晃明教授の研究報告がありました。
これは目安でテストステロンの値自体と症状の重症度が相関しないことから、実際は以前の状態からどの程度エストロゲンの分泌量が減少したかが重要だと言われています。

人間関係によるストレスや仕事、また家庭での悩みも加わり更年期障害の症状が現れますが、まわりの人には理解してもらえず、独りで悩みを抱え込んでしまいます。

男性更年期障害の症状の特徴として、冷え、ほてり、多汗の他に、精神的にはうつ症状や不眠、体力的には筋力の低下や疲労、性的には性欲がなくなり、朝立ちの減少などの症状が強く起こります。

男性年期障害については、几帳面又は、せっかちなな人、責任感が強く神経質でまじめ、競争心を持った人が発生しやすいと言われています。

臨床症状として、男性の更年期障害は興奮状態、抑うつ状態、頭痛、のぼせ、動悸、神経質、疲労、不眠、背頚部痛、記憶力の減退等があり、生殖機能障害(ED、)性欲減退(75%)、(50%)があります。

1)不眠、イライラ、不安などの精神状態
2)生殖機能障害、(ED)、中折れ
3)前立腺疾患を主とした頻尿、残尿感などの尿路症状がみられます。


しかしながら、男性更年期の認知度は低く、うつ病、蓄積疲労、加齢などと診断されることも多いとようです。

一般的には治療には、男性ホルモン補充療法、漢方薬やED治療薬(バイアグラ)などを処方されるケースもありますが、男性更年期障害の症状は食事、運動、睡眠、などの日常生活の中でテストステロンの分泌を促進することも重要です。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により更年期障害の改善や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから