男性ホルモン

男性ホルモン(テストステロン)の量には個人差がります

男性ホルモン「テストステロン」の量は、多い人と少ない人では3倍近くの差があり、この差が性格や能力に影響を与えます。
このテストステロンは見た目の男らしさの他、闘争心・冒険心・競争心や縄張り意識などの内面にも影響します。
その他、空間把握力や方向認識力・数学的思考などいわゆる「男性脳」といわれているのもテストステロン値が高いからと言われています。

テストステロンは一生の中で量が変化し、体調や精神に影響を与えます。
男性も女性もはじめは「女性脳」ですが、母体内にいる4~6ヶ月の胎児期にテストステロンのシャワーを浴びることで「男性脳」へと変わりますが、この時のテストステロン量が多いとより男性的な性質になります。

幼児期に浴びたテストステロンの量が多いかは、右手の薬指をみれば一目瞭然です。

薬指が人差し指より長ければ長いほど多く浴びています。
このようにテストステロン値が高い人は「肉食系」低い人は「草食系」といわれる性格や好みをしているようです。

40~50代にかけて男性ホルモンである「テストステロン」の量が減少します

男性は、通常30代から、主には40~50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の量が減少してくるととともに、性欲や興味薄くなり、性欲も低下して勃起機能も落ち、中折れ症状もでてきます。
精力減退という状態で、これが進行すると勃起不全・勃起障害につながります。

精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。

まず、ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要になります。
この視床下部への刺激物質がテストステロンでありテストステロン濃度の増量は性的衝動には必要不可欠です。
テストステロンの一番重要な働きは、男性の性欲と性機能を高めることで、中折れの心配もなくなります。
加齢などにより体内のテストステロンの濃度が減少すると、性機能が衰えるばかりでなく、中折れや勃起不全の原因になります。

またテストステロンの減少は、精神面では、落胆、抑うつ、いらだち、不安、神経過敏、生気消失、疲労感がおこります。
身体症状としては、関節痛、発汗、ほてり、睡眠障害、記憶力低下、集中力低下、陰毛の減少なども経験してきます。

このように、テストステロンの減少により、多様な症状が見られますが、全ての症状が揃うわけではありません。

トンカットアリは、テストステロンを含む男性ホルモンバランスを強化し、精力増強や中折れ防止をサポートします。

また、トンカットアリには、精子数を増加させる作用があることが確認されています。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。

トンカットアリは、テストステロンを含む男性ホルモンバランスを強化し、精力増強や中折れ防止をサポートします。

性欲低下を防ぎ、素敵な性生活を何時までも送れるように、ストレスの発散を心がけましょう。

精力がもどった・性交の回数が増えた・中折れをしなくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。

男性精力対策サプリメンの効果をお試用でご実感ください!