カイグアの成分

カイグア活性植物化学成分

カイグアには、高血圧、コレステロール、肥満といった症状を改善するのに有効な活性成分が含まれています。

カイグアに含有されているぺクチンとアルブミンは、脂肪の新陳代謝を促進することで知られています。


ある研究リポートによると、カイグアを1日1つ、 毎日空腹時に摂取すると、総コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)が減少し、12週間後には過コレステロール値も大幅に減少する、という結果が報告されています。
また、閉経後の女性の過コレステロール血症の治療に有効である、という研究報告もなされています。


糖尿病については、カイグアを長期的に摂取することにより、血糖値が低下する効果があるという報告があります。
カイグアには、脂肪を分解する働きのある3-β-Dグリコサイドステロイドの存在が確認されています。
さらにぺクチン、セルロース、ビタミン、蛋白質、アルビミン、シトルリン、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、リンなどが含まれています。
これまでの研究で、種を除いたカイグァを摂取する限りにおいては、副作用のないことが確認されています。
カイグアには、シツルリン、アラニン、メトキシカルボンキシフェノールなどのタンパク質が有用成分と考えられています。
カイグアは、新陳代謝を促し、血清脂質の調節を手助けいたします。
これにより体重、体脂肪の削減にも有効です。