カイグアDX

 

高血圧・コレステロール・肥満・糖尿病をサポート

カイグアは、ペルーを含むボリビアからメキシコまでの広い範囲に見られ、海抜300~1000メートル程度の高温・多湿な地域に多く自生しているウリ科に属するつる状の植物です。 幹は大きいものでは5メートル程度にまで達し、実はいびつな楕円形で10~20センチほど、 色はうす緑色を中心に白色に近いものから濃い緑色までさまざな濃淡があります。

ペルーでは、新陳代謝を促す野菜としていて、スーパーマーケットでも普通にみかけるほど国民の食生活とは密接な関係にあります。
ペルー山岳地帯から海岸地帯にかけ広く栽培されていて、新陳代謝を促す野菜として古くから常食されています。食用となるのは実の部分で、ウリ科の植物であることからキュウリを想像するとわかりやすい…といいたいところですが、 似ているのはその色くらいであり、形はナマコのようなグニャっとした形をしております。

キュウリのように中身は詰まっておらず空洞になっており、中には黒い種が収められています。
臭みのない味と、しゃきっとした食感から、主に生のままサラダに、或いは 炒めものにも利用されています。

カイグアの成分はこちら

カイグアの伝統的利用について

カイグアは、新陳代謝をよくする野菜として肥満が気になる方などに多く常食されています。
そのダイエット効果についてはよく知られており、 特に女性にはカイグアサラダが人気があり、また、カイグアを使用した女性向けダイエットサプリメントも多く見受けられます。

原産国であるペルーにおけるカイグアの栽培と利用の歴史は古く、厚みのある皮が、肉などの食料の保存目的として伝統的に利用されてきました。 また、葉は食用として、根は歯磨きに使用されたと言われています。
生あるいは茹でた実は、糖尿病に効能があるとされ、 さらには呼吸器系の鎮痛作用、また果汁は耳炎に効果があるとして伝統的に利用されています。
現在のペルーにおけるハーブ医療でも、種を抜いたカイグアの実2個の煮汁1リットルを1日3回摂取し、高コレステロールの治療に用いたり、炎症を抑えるために葉をすり潰し、そのまま患部につけたり、 種をそのまま1グラムほど服用し、虫下しとする、などの利用法があります。