バネ指

バネ指は、慢性的な使い過ぎでおこる腱鞘炎です。

バネ指は指の屈筋腱に起こる腱鞘炎で、靭帯性腱鞘が屈筋腱を圧迫したために生じます。
発生部位は母指が最も多く、3指、4指の順となります。
名称(バネ指)の由来は、引っかかった指を無理に伸ばそうとすると、まるでバネの現象のように、ビヨーンと伸びるのでバネ指と称され、別名「弾発指」、「snapping finger」とも呼ばれています。

中高年者に多く、慢性的な機械的刺激(使い過ぎ)が原因と思われますが、
体質的な要因も大きく関与していると考えられています。
症状は指の付け根の痛みと運動障害です。
症状は、「指の曲げ伸ばしが困難だ」、「朝起きると指が曲がったままで伸びない」、「無理に指を伸ばそうとすると引っかかりを感じる」などと訴えられます。

バネ指図

指には指の関節を曲げたり伸ばしたりする腱というものがついています。
そのうち指を曲げる腱を屈筋腱といい、親指(母指)に1本、人差指から小指にそれぞれ2本の計9本あります。
その屈筋腱には指を曲げる時に腱が浮き上がらないようにする組織があり、
それを靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼びます。

この屈筋腱と靭帯性腱鞘との間に炎症(腱鞘炎〈けんしょうえん〉が起こった状態)が起こると刺激のために腱が厚く硬くなったり、腱鞘が厚くなって、結果として腱の動きが悪くなります。
これを無理して動かそうとするとバネ現象が起こります。
これをバネ指と呼びます。
原因として手の酷使でも発生しますが、主に妊娠時、産後や更年期の女性に起こることが多い疾患です。

そして関節リウマチでも発生します。
小児にも多く発生しますが、これは原因として先天性で靭帯性腱鞘の入り口で長母指屈筋腱がこぶのように大きくなってバネ現象が引き起こされると考えられています。
またどの指にも発生しますが、右手の親指に最も多く発生します。小児例では親指以外の発生は多くありません。